サーバーの違いが分かれば上手に選べる

レンタルサーバーは法人で利用する法人向けのサーバー、趣味などの個人で利用する個人向けのサーバーなど使い方によって利用するレンタルサーバーがかわります。

個人向けサーバーは、どちらかと言うと安い金額で利用でき、簡単にホームページやブログを開設できることが特徴で、サーバーのトラブル発生時、サポート体制など法人レンタルサーバーに比べて劣る部分があります。法人向けサーバーは会社などの営利用に使われるのを前提としているので、トラブル発生時の対応、サポート、稼働率も個人向けサーバーに比べて高いです。

法人向けのレンタルサーバーの場合、会社のホームページや、ショッピングサイト等に使われ、個人向けのサーバー選びの時とはまた違う角度でレンタルサーバー選ぶことが必要になります。

法人向けサーバーはビジネス向けに特化したセキュリティが高く安定運用の法人向けのレンタルサーバーになっています。その中から自社に合ったものを探しましょう。管理体勢がしっかりし、信頼性の高い実績のあるレンタルサーバーを選ぶことが大切になります。

企業などのサイトでは第一印象がとても重要です。ユーザーがサイトを訪問した際に「サイトの表示が遅い」「サイトが表示されない」「セキュリティ面で不安がある」など不快な思いをした場合、ユーザーがサイトに再び訪れてくれる保証はありません。それは企業のイメージダウンに直結します。 本来、企業の宣伝をし、イメージアップ、さらに売り上げにつながっていくはずのサイトがサーバーを間違えて選ぶことによって、逆効果になってしまう場合もあるのです。

そのため、サーバー選びはとても重要になります。利用料金が安いのをメインに売り出すサーバー業者や、利用料金は割高でも機能が優れているサーバー業者など様々ですが、必要なサービスと価格がつりあったサービスを選べるようにしましょう。利用料が安くてもサポートが悪い場合などを考えると結果として高い利用料でサポートの良いサーバーを選ぶ方がいいという場合もあります。他にもサーバー運営会社の規模や、運営実績なども参考に見てみるのもいいでしょう。